HOME > イベント情報 > 過去のイベント情報 > 参加者/観客の声 [国際次世代ロボットフェア IRT Robovie-i杯]

RSSファイルRSS Validator - feedAnalyzer RSSの構文チェック


イベント情報

ロボプロイベント 参加者/観客の声について


国際次世代ロボットフェア IRT Robovie-i杯


IRT Robovie-i杯 参加者タツビーです。 最初、応募するときに優勝はできないだろうけどやってみようかなぁと思ってエントリーしました。そしてなんとなく走りのモーションを作っているときに、「これやったらいけるんとちゃうん?」と思って、タイムを計ったら、なんと「11秒台!!」
僕は一瞬、「うそ〜」と思いました。そしてこれを調整したら、またまた、なんと9秒台!「え〜!!!」とビックリしました。
 当日前夜は、僕はもうドキドキがとまりませんでした。そしていよいよ当日。とりあえず、なるようになるだろうと思ってやってみたけど、それが「ボロボロ」で、もう入賞は無理だろうと思いました。
そしてガックリしていた僕に、スタッフさんが「午後の部があるので準備してください。」って言われたとき、「ラッキー、もう一回できる!」と思いました。すぐに操作の練習と調整をしました。そして午後の部では、なんとめちゃくちゃ早く走れて「9秒15」と言う記録を出せました。
それから表彰式、なんと優勝しました。もう僕は何を言っていいかわからなくなるくらい嬉しかったです。
最高にいい体験ができました。本当に嬉しいです。また、こんな機会があれば出場したいです。
スタッフの皆さんありがとうごございました。
参加者 [タツビー]

IRT Robovie-i杯 アンケート 【ロボプロスタッフより】 
この度はロボプロイベントにご参加いただき
ありがとうございました。
皆様からいただいたご意見は、
次回以降のイベントに反映していきたいと
考えております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


1.「IRT Robovie-i杯」の感想。
アクアフェニックス:
  はじめてなのに、トコトコ相撲で1位を
  とれたのがすごく嬉しかった。
  総合で準優勝なんて夢みたいです。
  自分のロボットじゃないけれど、
  いい成績だったのでよかった。
  レンタルのロボットに、フェニックスの
  顔を貼り付ける工夫が自慢でした。
ストロングファイター:
  午前と午後に同じことをやったので、
  午後の部は午前の部でやり方や弱点がわかり、
  調整ができた。
  相撲のトーナメントは、一度負けるとおしまい
  なのでリーグ戦とかだといいと思った。
  とても楽しかった。
タツビー:
  とことこスプリントがとても楽しかったです。
  またこんな機会があれば、ぜひ出場させて
  ください。
ウルトラアリサ:
キーパー5号:
  大会自体は子供もよろこ楽しめた。
Robovie-T:
  楽しく参加した。

2.モーション作成で苦労した点。
アクアフェニックス:
ストロングファイター:
  モーションは、殆どいじってません。
  少し、歩幅を広げ、ボディの振りを
  コンパクトにしたくらいです。
  しっかりと、足が地面を掴むように、
  モーションを調整したつもりです。
タツビー:
  早く走れるモーションを考えることや、
  それをロボビーメーカーで作るのが
  とても苦労しました。
ウルトラアリサ:
キーパー5号:
  パンチカーペットの状態で直進できず苦労した。
Robovie-T:
  技をかけるとき倒れないようにするところ。

3.今後どのようなイベントがあれば
  参加されたいですか。
アクアフェニックス:
ストロングファイター:
  ビーチフラッグ大会なんてのは、
  どうでしょうか?
  仰向け、うつ伏せ、横たわりの姿勢から
  起き上がり、前方に立てられたポールを
  倒すまでの時間を競う。
  引き相撲大会、
  30センチくらいの円の台座を2つ準備し、
  それぞれにRobovie-iを置き、
  それぞれの手を紐でつなぎ、引き合い、
  台座から落ちた方が負け。
タツビー:
  バトルロイヤルみたいな競技があれば
  出場してみたいです。
ウルトラアリサ:
キーパー5号:
  同様の大会があれば是非参加したい。
Robovie-T:
  ロボットが集結する催し

4.どのようなロボット商品が欲しいですか。
アクアフェニックス:
ストロングファイター:
  会話のできるロボット。
タツビー:
  RB2500が欲しいです。
ウルトラアリサ:
キーパー5号:
  小遣い程度で購入できるレベルの軸追加キット
Robovie-T:
  受け答えができるロボット

5.その他
・ロボットと一緒にサッカーがしてみたい。
・もうすこし、参加者が多いと良かったと
 思います。16人くらい・・・
・みんなで、カスタマイズができれば、
 もっと楽しかったのでは?
・シールだけでなく、ボディを改造し易いように、
 アルミではなく、
・プラスチック等で作られていると面白いのでは?
・錘も、大きなものを1つだけにするのではなく、
 小さな錘をたくさん。
・両面テープ等で貼るようにすれば、バランスの
 勉強にもなるのでは?
・ボディを振るスピード、重心、バランスの調整の
 差が出易くなるので、
 動きに個性が出て、面白いのでは?
・いろいろな場所で開催してほしい。

・操作方法になるが、有線の場合、コードで
 吊り上げて方向修正している人もいたよう
 だがどこからが反則になるのか? 
 審判を2名制にしてはどうか。
・午前/午後の良いほうを採点されていたよう
 だが、途中結果など表示してほしかった。
(初心者[入門者]が多いためルールの丁寧な
 説明がほしかった)
参加者 [Robovie-i杯選手]



HOME > イベント情報 > 過去のイベント情報 > 参加者/観客の声 [国際次世代ロボットフェア IRT Robovie-i杯]